コラム, ホテル経営

民泊代行とは?メリットやおすすめの業者5選、選び方も解説

コラムホテル経営

民泊を運営する上で、行き届かない箇所や十分なサービスを提供できない場合があります。民泊運営のサポートをしてくれるのが、民泊代行です。今回は、そんな民泊代行について、依頼できる内容や利用するメリット、おすすめの業者5選やサービスの選び方などを解説します。

民泊代行とは


民泊代行とは、民泊運営代行のサービスを提供する会社のことです。近年、民泊市場は拡大しており、民泊ビジネスに参入する企業が増えています。競合が多い中で、多くのゲストから選ばれる民泊を作るためには、プロの力を借りることが重要です。

民泊代行サービスを利用してできること


民泊代行サービスでは主に以下のことを依頼できます。

  • 完全代行
  • サイト運営代行
  • 部屋の清掃
  • 写真撮影サポート
  • インテリア決めのサポート
  • 多い言語対応
  • 電話やメールの対応

民泊を運営する上で、集客・内装決め・清掃・ゲストの対応・備品の補充など多くの業務が必要です。中の仕事から外の仕事まで依頼できるのが、代行サービスです。

完全代行

民泊運営のすべての業務をサポートしてくれるのが、完全代行です。
民泊運営では、多くの業務があるため、ホストには大きな負担がかかってしまいます。完全代行サービスでは、お部屋の維持・管理を任せることができ、本業等で中々時間を作れない方がおすすめです。

サイト運営代行

民泊サイトの運営をしてくれるのが、サイト運営代行です。
そもそもゲストがいないと民泊は成り立たないため、集客を行う必要があります。集客として主に利用されてるのが、民泊サイトです。民泊サイトは、主に「Airbnb」「STAY JAPAN」「スペースマーケット」等があります。たとえどんなに素敵なインテリアで機能的であっても、サイトを見つけてもらえないとゲストは利用したいと思いません。民泊サイトで上位に表示されるようにサイト運営代行を利用することで、集客を増やすことができます。

部屋の清掃

お部屋の維持という点で、清掃代行を利用する選択もあります。完全代行だと出費が大きいところ、清掃のみでも依頼できるため、完全代行よりも費用を抑えることができます。清掃代行はオプションも様々で金額の幅があるので、料金体系も併せてチェックすることをおすすめします。

写真撮影サポート

写真撮影サポートとは、民泊サイトで使用する写真を代わりに撮ってもらうサービスです。
民泊サイトで上位に表示されるためにも、宿の雰囲気を良く伝えることが重要です。「ここを利用したい!」と思ってもらうために、写真撮影をプロに依頼することができます。写真を撮るのが苦手な方や見映えよくサイトに掲載したい方におすすめです。

インテリア決めのサポート

写真で見映えをよくすることももちろん重要ですが、インテリアも重要です。どんな内装にしようか決められない場合は、インテリアコーディネーターによるサポートを受けるのもおすすめです。家具購入代行を依頼できる業者もあるので検討してみてください。

多言語対応

民泊運営では、ゲストへの対応も必要になります。特に民泊は海外からの観光客が多いため、トラブルが起きた時のやりとり等をホストが対応しなければなりません。そういった事態の際には、英語や中国語、韓国語などの多言語に対応してくれる業者に依頼することをおすすめします。

電話やメールの対応

ゲストからの電話やメール対応を依頼できるサービスもあります。忙しくて連絡を見逃してしまったり、ゲストからの連絡内容をうまく記録できず、予約日の勘違いやダブルブッキングなどのトラブルが起きたりするリスクを防げます。

民泊代行サービスを利用するメリット


ここでは、民泊代行サービスを利用するメリットを紹介します。

円滑に運営できる

民泊運営には、始めるための物件探し、消防適合通知書取得、特区民泊、簡易宿泊所申請、家具の購入、搬入、組み立てといった準備から、掃除・ゲストとのやりとりといった実際の運用まで、やるべきことがたくさんあります。民泊代行業者を利用すれば、民泊運営に必要なさまざまな手続き・作業をすべてを代行してもらえるため、円滑に営業することができます

トラブルを未然に防げる

民泊運営において、トラブルは付きものです。騒音トラブルやゴミの不法投棄など、起こりうるトラブルは沢山あります。そのため、トラブルを防ぐには、ルール作りやトラブルを防ぐノウハウも必要になります。言語の対応や部屋の清掃を代行してもらうことで事前にトラブルを防ぐことができます。

民泊運営のプロが参加することで、より効果的なハウスルールづくりを手伝ってもらうことができ、トラブルを未然に防ぐことができます。

長期的な運用が見込める

近年、民泊営業を副業として始められる方が多くいます。しかし、手間がかかる作業を全て自分で続けていくのは大変で、本業への影響が出たり、負担が大きくなったりします。運営代行を依頼すればその分負担が減るため、長期的に続けていくことがより簡単になるのです。

民泊代行サービスの選び方


民泊代行サービスには多くの種類があるため、どのサービスを選べばよいか迷っている方も多いでしょう。ここでは、自社にあった民泊代行サービスの選び方を紹介します。

料金

民泊代行サービスでは、売上比が料金になる会社が主流で、売上比5〜20%前後の料金です。多くの会社では15%前後が料金になっており、さらに清掃費が別途で加算されます。料金体系が同じでもサービスが異なるため、別途発生する清掃費やオプションサービスなども併せて確認する必要があります。

サービス内容

料金同様にサービス内容も代行サービスを選ぶ際に重要な項目です。ゲストサービスでは、電話・SNS・メールなどどこまで対応できるのか、チェックインサービスは付いているのか、会社によって提供しているサービスに違いがあります。初期準備に力を入れたいのか、ゲストサービスを充実させたいのか等で決めてみてください。

サポートの充実

オーナーやゲストに対してのサポートが充実しているかどうかも選ぶ際のポイントになります。オーナーがいないタイミングのトラブル対応や中々宿を自分で管理できないときの定期報告、さらにゲストの24時間対応などサポートが充実しているかも選ぶ判断軸になります。管理が難しいと思う場合は、サポートが手厚いサービスを選びましょう。

おすすめの民泊代行サービス5選


ここでは、おすすめの民泊代行サービスを5つ紹介します。

  1. PIPI HOSTING
  2. AIRHOST
  3. faminect
  4. Bestbnb
  5. ベイルインテリア

1.PIPI HOSTING

PIPI HOSTINGは、完全代行からサイト運営代行、インテリア決めのサポートまで幅広いサービスを提供しているのが特徴です。英語・中国語・日本語の3カ国語・24時間対応しています。特徴的なのが、急なトラブルでも現地へ駆けつけたり、定期報告といったプレミアムプランもおすすめです。

PIPI HOSTING

2.AIRHOST

AIRHOSTは、完全代行はもちろん、物件管理・事務手続きのサポートなど部分代行サービスを提供しています。行政書士サポートやインテリアコーディネートも実施しており、素人では扱いづらいサービスが充実しているのがポイントです。

AIRHOST

3.faminect

faminectは、完全代行とメッセージ運用代行、さらにスタートアップ代行という運営を始める前準備の代行までサービスを提供しています。また、日本語・英語に加えて、北京語・広東語・台湾語・韓国語・フランス語・ポーランド語・マレーシア語の8カ国語・24時間対応と豊富な言語に対応しているのも魅力的なポイントです。

faminect

4.Bestbnb

Bestnbは、完全代行・OTA運用代行・Airbnb運用代行の3つのサービスを主に提供しています。他にもレビュー管理や6カ国語・24時間対応など幅広いサポートをしてくれます。また、清掃は他の会社に委任していないため、アフターフォローまで充実しており、清掃代行のみの依頼をすることができます。清掃のみ部分的にお願いしたい場合、おすすめです。

Bestbnb

5.ベイルインテリア

ベイルインテリアは、インテリアコーディネート代行サービスを提供しています。民泊を運営するためには、家具・家電・消耗品・小物の発注や撮影など多くの手間がかかります。ベイルインテリアには、インテリアコーディネートに関するさまざまな作業を一括・ワンストップで依頼することができます。インテリアをすべて任せたい方にはおすすめです。

ベイルインテリア

まとめ


いかがでしたでしょうか。民泊運営を検討している方は、民泊運営に必要なさまざまな業務を依頼できる民泊代行サービスをぜひ利用してみてください。

さらに民泊運営の効率化を図るためには、セルフチェックインシステムの導入がおすすめです。ゲストのチェックイン作業を無人化できるため、人件費を削減できます。

セルフチェックインシステムの導入を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。