ブログ

2021.01.09

宿泊業の運営に必須のホテル管理システム(PMS)比較7選!

  • ブログ
宿泊業の運営に必須のホテル管理システム(PMS)比較7選!

こんにちは!

この記事では宿泊業の運営に必須のホテル管理システム(PMS)の紹介・比較をしていきます。

ホテルにあったPMSをうまくとり入れることで、運営の効率は上がりますので、導入する際の参考にしてください。

ホテル

ホテル管理システムとは?

まず、ホテル管理システム(PMS)とは、「Property Management System」の略語でありホテルや旅館などの宿泊施設の管理システムのことです。

一般的には宿泊部門の管理システムを指し、Pサーバーを自社で運営するオンプレミス型とインターネットに接続することでサービスが利用できるクラウド型があり、近年は導入時間や費用、利便性を重視し、PC端末とインターネットの環境さえあればWEBでアクセスし利用することが出来るクラウド型がトレンドです。

主な機能は以下の通りです。

  • 宿泊予約
  • 販売価格
  • 残室数
  • 料金清算
  • 顧客管理
  • 宿泊者ごとの予約経路
  • メッセージ
  • etc…

上記のような客室に関する情報を一元管理できる仕組みが主な特徴であり、集積されたデータを生かすことでスムーズな顧客対応や営業戦略に役立てることができます。

現在ではシティホテルや大手リゾートホテルなどではほぼ導入されており、多数のメーカで開発が進められています。

そのため様々なPSMが存在するためホテルにあったシステムを選択することが大切です。

 


7社のPMSを比較紹介!

それでは、これから7社のPMSを紹介していきます。

紹介するシステムは以下の通りです。

  • NEHOPS
  • GLOVIA
  • WinCal
  • TAP
  • OPERA Cloud Service
  • はなぶさCloud
  • innto

導入する際などの参考にしてみてください。

 

 

NEHOPS

NEHOPS


NEHOPSは日本電気株式会社(NEC)が提供するクラウドタイプのホテルシステムで,クラウド型の利用率では約7割をしめている最大級のPMSです。

導入施設としてはビジネスホテルからシティホテル、大規模の客室数のホテルまで対応していて大規模のホテルでは、300を超える施設数の多い全国チェーンでの導入実績があります。

現代の多様化するホテルの業態に柔軟に対応できるラインナップを取り揃えており、営業系システムから管理系システムまでトータルに対応できます。

 

NEHOPSのシステム内容

システム名

概要 機能
統合顧客管理システム お客様の基本情報、ホテルの利用履歴や応対履歴から食の好みやアレルギー情報などを一つに統合しどの部門からでも同じ情報を閲覧でき、チェーン全体でお客様のタイプに沿ったサービスが提供可能。

お客様の利用実績をR(最新利用日)、F(利用頻度)、M(利用金額)別に分析データも出すことができます。

統合顧客管理システム
営業系システム 顧客サービス重視のシティホテルには、最先端のホテルマネジメントときめ細かな顧客サービスを実現し様々な販売をコントロールできる機能を有する。

収益を最適化するマネジメント機能も充実。

宿泊システム

宴会システム

レストランシステム

レストラン予約システム

管理系システム 経営者や管理者の迅速な意思決定のため、ホテル全館または宿泊や料飲といった部門別の業績をリアルタイムで可視化し、各売上計上部署毎・科目毎に売上データを集計できる。 売上システム

ダッシュボード

売掛システム

購買システム

スマートデバイスオプション 基幹システムに蓄積されたデータを、スマートフォンやタブレットで活用することができ他にも、IPネットワークによるシステム連携で、各ゲストルームの温度や照明などを集中制御や、客室タブレット、顔認証システムなども完備。 スマートデバイスオプション

NEHOPSの特徴

1.営業系システムから管理系システムまでトータルに対応!

大型シティホテルから宿泊特化型ホテルまで、多様化するホテルの業態に柔軟に対応することができます!

営業系システムから管理系システムまでトータルに用意し、各システム間でスムーズにデータが連携され、ホテル全館、チェーン全体の業務効率化を実現することが可能です。

 

2.必要に応じた2つのラインナップを選べる!

宿泊システムはホテルの業態・特徴に応じて2つのラインナップから選択可能です。顧客サービス重視の大型シティホテルには「ハイグレードタイプ」、効率重視の宿泊特化型ホテルには「スタンダードタイプ」を選択するなど、それぞれのホテルにコスト・機能共に最適なメニューを選ぶことができます。

また、一つのホテルチェーンにシティホテルとビジネスホテルが混在する場合、それぞれの業態に適したサービスメニューを選択できるため、チェーンの統合管理や、チェーンでの業務の共通化、標準化を実現することが可能です。

3.IT部門をもたないホテルでもシステム導入が可能

専用オペレーターがシステム運用を行うので、IT部門をもたないホテルでもシステムを簡単に導入することができます。

また、短期間での導入ができ、月額利用料金制によりIT費用の経費化を実現。資産効率や経営効率の向上をはかれます。

 

参考:NEHOPS公式サイト

 

 

 

GLOVIAGLOVIA


GLOVIAは富士通九州システムズ株式会社が提供する、クラウドタイプのホテルシステムです。ホテルや旅館の宿泊部門に必要な宿泊予約や、フロントレセプション、フロント会計の機能から、顧客管理機能、売掛管理機能までが備わっていて幅広い機能が特徴です。

製造業や小売業など、様々な業界への実績があり、対応力の高さも評価されています。

また、ノンカスタマイズ・マルチテナント型の純粋なクラウドサービスのPMS市場においてトップシェアを誇る人気を誇っています。

 

GLOVIAシステム内容

システム名 概要 機能
宿泊、宿泊管理システム ホテルの宿泊部門に必要なの機能を提供し、リゾートホテル・旅館ならではの「1泊2食」のサービスに伴う、きめの細かい運営を支援するシステム。 宿泊予約

フロントレセプション

フロント会計

顧客管理

分析

婚礼・宴会、レストランPOSシステム ホテルの婚礼・宴会部門に必要な機能やホテル館内に必要なレストランや売店の精算機能を提供。 食事会場

料理管理

重複・ロスト予約

顧客管理システム 宿泊・婚礼宴会・レストラン・売掛部門の統合顧客管理、チェーン統合顧客管理の機能。 見積

予約

打合せ管理

精算

資材・買掛・売掛システム ホテルの宿泊、婚礼・宴会、レストランの各部門で発生した売掛債権の管理や、見積作業、発注・仕入・棚卸作業などの効率化、ロス削減による適正原価と商品クオリティの維持や会計システムの構築など、部門・取引先のバックオフィス業務を総合的にサポート。 ネット予約連携

付常設備予約管理

経営機能

 

GLOVIAの特徴

1.「クラウド型」か「パッケージ型」のどちらかを選べる

お客様のニーズに合わせて、「クラウド型」と「パッケージ型」いずれかのホテルシステムを選んで導入可能です。「クラウド型」は、富士通データセンターに用意しているサーバーに接続し、ブラウザ上でシステムを利用しており、月額/年額制で初期費用を抑制でき、ネット接続環境さえあればすぐに利用可能です。「パッケージ型」は、お客様が所有するサーバに「GLOVIA smart ホテル」をインストールし、お客様独自の専用システムを構築できます。自社独自の運用、ノウハウを実現するため、カストマイズを実施したい大規模チェーンホテルの運用にも対応している。

2.チェーンホテルに特化した独自システム

チェーンとしての貴重な情報である各店舗での利用情報を統合管理する機能や、本部で活用できる予約センター機能、全店舗オンハンド・売上分析機能、各店舗で発生した売掛情報の統合管理機能等を供えた、チェーンホテル様向けに特化したホテルシステムを利用できます。

3.全国約1,000箇所で、24時間365日の安心サポート

ホテルサポートセンターでは、ホテルシステム専門要員が24時間、365日お客様のご質問やトラブルの受付を行うことで安定稼働を支援しているのも人気な点。

国内約1,000箇所のCE拠点によりハードウェア障害に迅速な対応も可能としている。

参考:GLOVIAの公式サイト

 

 

Wincal

WinCal


WincalはUSEN GROUPの株式会社ALMEXが提供するホテルシステムです。

ビジネスホテルや宿泊特化型ホテルなど小、中規模ホテルの利用を前提に、シンプルなインターフェースでフロント業務の負担軽減を目指し開発されています!

ホテル側のニーズに幅広く対応できるように、サーバーを設置する「クライアントサーバー型」と、ALMEXデータセンターを利用した「クラウド型」を用意!

自動精算機のシステムにおいては、国内シェア約75%を誇っており他社PMSへの接続実績も多数!

ビジネスホテル・宿泊専門のホテルで利用するなら、Wincalがベストな選択かもしれません!

 

Wincalのシステム内容

 

システム名 概要 機能
フロント業務 簡略化し効率を上げることが可能。 予約管理

チェックイン

チェックアウト

客室管理

帳票管理

締め業務

顧客管理 データが一覧に表示され、過去の宿泊実績を管理することができる。 会員利用日泊数

利用料金

 

売掛管理

 

売掛のあるお客様を一覧で管理し、任意に請求書の発行することが可能です。 売掛管理
オプション デイユース管理やサイトポイント管理など様々な業務を管理できます。 デイユース管理

ポイント管理

駐車場管理

自動精算機能

テレビシステム

Wincalの特徴

1.どなたでも使える簡単で直感的な操作を実現

「マルチウィンドウによる画面操作」を導入することで効率的かつ直観的な操作で作業が可能です。

お客様と対面しながらさまざまな要望に対応でき、操作事態も簡単なのでフロント業務の時間も短縮することができます。

PMSを導入するにあたって画面の操作性は重要度がとても高いのでチェックが必要です!

 

2.様々なシステムと連携! しかも低価格

OTAやICキーなど、様々なシステムと連携が可能です!また、フレキシブル設計により、ご要望にぴったりのホテルシステムをローコストで提供します。

 

3.独自のオプションでさらなる効率化

Wincalは自動精算機やクレジット専用精算機、非接触式カード錠システムを開発しています。

ホテルの規模や状況に合わせて様々なシステムを連動をすることができそれにより、更なる効率化をはかれます。

参考:WinCalの公式サイト

 

 

TAP

TAP


TAPは株式会社TAPが提供するホテルシステムで利用企業ごとに独立したフルカスタマイズが特徴です!

フロントシステムから財務経理、マネージメント支援システムまで取り揃えており、TAPにサーバーを置くクラウドサービスの提供も行なっています。

オリジナルカスタマイズを要求することが多いリゾートホテルで高いシェアを獲得しています。

TAPは「情報システムの開発だけではなく、ホテル全体の運営を支えられる総合的なシステムの開発」を掲げておりホテル全体の運営システムを開発する視点でソリューションを提供し続けています。

 

TAPのシステム内容

システム名 概要 機能
宿泊システム 宿泊の各種管理を簡略化し、フロントの人手不足問題や業務の簡略化に貢献します。 予約、販売管理

販売予測分析

在庫、料金コントロール

婚礼・宴会システム 婚礼・宴会システムは、ブックレスにも対応できる会場コントロールや粗利ベースでの予測分析、ブライダルフェアなどのイベント管理など、婚礼・宴会に求められる機能をもちます。 ホテル婚礼

会場予約コントロール

目的分析

販売予測

POS・OES ホテル・旅館様向けのトータルシステムを専門的に取り扱っている会社が考案・開発したPOSシステムであるため、ホテル・旅館システムで重要視される連動性を最大限に考慮し、 POSシステムを周辺機器という位置づけでは無く、総合情報システムの一部としてご提供致しております。 施設予約管理

顧客利用実績

精算機能

管理系システム 管理会計システムは、ホテルユニフォームシステムにも対応しています。 財務経理システムの締め処理後、残高データを集計して即時に部門別収支、前年対比、予算対比表などの部門別損益計算書やユニフォーム帳票を作成することができます。 売掛管理

資材管理

支払管理

財務経理システム

販売予約

予約シュミレーション

アンケート分析

 

TAPの特徴

1.営業系から基幹系までトータルシステムを提供

TAPは多彩なラインナップでサブシステムを取り揃えています!

フロントシステムから財務経理、マネージメント支援システムはもちろんのこと、各システム間のインターフェースも不要で、設計思想の統一もバッチリです。

 

2.システムは自社開発!導入から保守までワンストップサービスで提供!

TAPはシステムを基本的に自社開発しています。

東京・沖縄を拠点として総勢約100名の体制で、システムの開発から導入、保守・運用までを「専門知識をもった」スタッフが徹底サポートしてくれます。

また100名中80名はSEであり、異動がないことも特徴です。それにより、一環した開発・導入・保守体制が維持でき、導入後のフォローアップも万全です!

 

3.カスタマイズにより、ホテルの独自戦略を強力サポート!!

「クラウドサービス」は単一使用のサービスをすべての利用者が同じように利用でき、提供側も開発・維持のメンテナンス費用が抑えられますが個別のリクエストに対応しにくいデメリットも存在します。

しかし、TAPが提供するネットワーク・コンピューティング・サービスは、企業ごとに独立したフルカスタマイズが可能なソフトウェア・プログラムなのでオリジナルカスタマイズを実現できます。

参考:TAP公式サイト

 

 

OPERA Cloud ServiceOPERA Cloud Service


OPERA Cloud Serviceは日本オラクル社が提供するクラウドタイプのホテルシステムです。

以前は micros opera としてサービスを提供していました。OPERAは外資系ホテルではトップシェアを誇り、世界中の40,000以上の施設が導入しています。

中でも、世界のホテルグループ上位10社中8社がOPERA製品を使用しているため安心感も十分です。

ゲストに寄り添う優れたプロファイル機能をもち、ハイレベルなおもてなしの提供が可能を可能にしています。

また、時期や周辺環境に合わせて宿泊レートを設定することができ、収益の最大化も図れます。

 

OPERA Cloud Serviceのシステム内容

システム名 概要 機能
宿泊システム スタッフがフロントデスクを利用しなくてもネット環境さえあれば、施設内のどこからでもゲストのチェックイン、チェックアウト、客室の割り当て、ゲストへのサービス対応が可能です。 チェックイン、チェックアウト管理

客室割り当て

客室レート、空室状況

客室稼働率

平均客室単価

ハウスキーピングシステム ゲストがチェックアウトして客室が清掃できるようになると、ハウスキーピング用モバイルデザイスがすぐに更新され、即座に清掃に入れたり、入室可能な状態にすることを可能にするシステム。 ハウスキーピング
管理系システム 顧客データ管理や売掛金、買掛金、支払い管理機能財務プロセスの構築を行うシステムです。 顧客データ管理

売掛金、買掛金、支払い管理

財務プロセス

宿泊レート管理

OPERA Cloud Servicesの特徴

1.包括的なゲスト・プロファイル機能の使用!

OPERA Cloud Servicesは優れたプロファイル機能を有しており、ゲストの好みや動向から最適なサービスを提供できます。

ホテルスタッフは必要であればゲストにログインすることも可能で、優れたおもてなしを的確に提供できます。

それにより、外資系ホテルなどに多いブランドに愛着や信頼をもち、競合に流れることなく商品を購入し愛用し続けてくれる真のブランドファンであるロイヤリティプログラム会員の獲得にもつながります!

 

2.宿泊レート管理により収益の最大化をはかれる!

OPERA Cloud Servicesは収益の最大化の達成に有効です。

宿泊レート管理機能を備えており、時期や周辺環境に合わせた宿泊レートの設定が可能でその時期にあった最適なレートを設定することで、宿泊者を取りこぼすことがなくなります。

また、ホテルを運営する上で、長期的な目標を設定することができるため、経営担当が助かる便利な機能です。

 

3.スタッフの能力向上!

OPERA Cloud Servicesの最大の強みと言ってもいいのは世界でのシェア率です。

世界のホテルグループの上位10社中8社が、OPERAを使用しているということは、新たなスタッフを雇う際にアプリケーションの使用方法を習得している可能性が高く余計な研修をしないで済みます。

空いた時間はサービスの質にトレーニング期間を集中させることができます。

 

参考:OPERA Cloud公式サイト

 

 

 

はなぶさCloudはなぶさCloud


はなぶさCloudは株式会社ナバックが提供する民宿・ペンション・小規模旅館など宿泊・休憩に特化した小規模施設向けクラウド型旅館システムです。

基本を押さえた無駄の無い必要最小限のシステムでわかりやすさと、機能性をかねそろえており旅館業務の効率化ソリューションを提供できます。

初期費用も控えめでコールセンターを持っていて、すぐにサポートの恩恵を受けることができます。

 

はなぶさCloudのシステム内容

 

システム名 概要 機能
利用管理 利用者の予約管理や登録を行います。予約登録からチェックイン、伝票入力、チェックアウトまでできる画面です。

部屋番号の登録や連泊の処理も簡易に行えます。

利用者情報登録

利用者検索

利用変更

キャンセルチェックイン

営業月報

会計 領収書発行や利用者検索、伝票入力、入金処理などの簡略化を図れます。

追加伝票の登録、領収書の印刷イメージを画面で確認したあとに印刷ができます。レーザープリンタの単票で印刷されます。

領収書発行

利用者検索

伝票入力

入金処理

日付別入金、売上一覧表

由項目集計表

業者別売上一覧表

顧客管理 顧客情報を検索します。表示する列情報の指定ができますので、必要な項目だけの一覧が作成できます。 顧客情報登録,検索,管理

客室状況表示

客室状況印刷

 


はなぶさCloudの特徴

1.コールセンター完備!

はなぶさcloudはコースセンターを持っていて24時間、365日電話一本で窓口で対応してくれます!

障害受付からお客様業務サービスの代行もワンストップサービスのコールセンターサービスで実現できるシステムは数多くありません。

コールセンターのヘルプデスクの対応のみでは解決しない場合は現地対応もしてもらえます。

小規模施設などにはうれしいサービス体系です。

 

2.選べる課金方式!

はなぶさCloudは以下から課金方式が選べます。

    • 月額固定課金
    • 従量課金

月額固定課金は毎日決まった料金を支払う課金方式です。金額はクライアント台数によって決まるのでホテルの規模に合わせて金額が決まります。

従量課金は安価な基本料金に毎月のご利用人数による従量課金が加算される方式で,定められた上限額以上はかかりません。

そのため、施設に合わせた料金設定を定められます。

 

3.パソコン一台でいつでもサーバーに接続可能!

はなぶさCloudはサーバーが不要です。

サーバーが不要なクラウド型はサーバー管理者も不要で初期導入費用も抑えられます。

ナバックのデータセンター内にあるクラウドサーバーにインターネットに接続可能なパソコンがあればどこでも利用可能です。

システム自体も基本を押さえた無駄の無いシステムなので、業務知識があれば誰でも直感的に使えます。

参考:はなぶさCloud公式サイト

 

 

inntoinnto


inntoは株式会社アルメックスが提供するホステル・カプセルホテル・ビジネスホテル向けのクラウド型の宿泊管理システムです。

初期導入費用0円で無理なく始められ、1ベット199円から始められます。

安価ですが宿泊管理システムの主だった機能はカバーしています。また、運営も施設からいただいた要望を参考に約2週間に1度のペースでバージョンアップが行われていて、日々進化しています。

アルメックスも簡易宿所の形態や業務にあうシステムに仕上げているので、簡易宿所運営に従事する宿泊業界未経験者の方が誰でも簡単に使えるサービスです。

 

inntoのシステム内容

システム名 概要 機能
予約管理 予約リストの登録や検索、スケジュール管理などを感覚的に確認できます。 予約リスト表示,検索

利用明細

予約編集

予約カレンダー表示

簡易自動アサシン

デイユース管理

客室管理 客室の状況をリアルタイムで管理、観覧できます。 ハイライト表示

新規予約登録

清掃リスト印刷

ゲスト管理 顧客情報の登録・編集や利用履歴を確認できます。 顧客情報登録、編集

利用履歴

帳票精算 売上集計、分類別売上、税金集計表の作成を容易に行うことができます。 売上集計

分類別売上

税金集計表

マスタ設定 販売経路設定、プランの作成・編集、料金設定などを行うことが可能です。 販売経路設定

子供区別設定

プラン作成、編集

料金設定

ランク設定


inntoの特徴

1.誰でも・どこでも・いつでも 使える!

inntoは「誰でも・どこでも・いつでも」使える機能を提供しています。

誰でも使え直観的な画面で操作できます。また、クラウド型なのでどこからでもアクセスし利用することができます。

24時間365日、いつでもお問い合わせでき、サポートセンターも全国20の拠点を構えているので、気軽に電話や対面でのサポートを受けられます。

 

2.初期費用0円・初回1ヶ月は無料で使用!

inntoは初期導入費用が0円です。

0円でも予約管理や売り上げ分析など様々な機能が使えます。

追加でかかる月額費用も1ベット単位で計算され、1ベットにつき199円とリーズナブルな料金です。

簡易宿泊施設に特化した価格設定になっているのもうれしいポイントです。

また、初回の一ケ月は無料で使用することができるので無理なく始めることができます。

 

3.スムーズなチェックインを実現!

inntoはiPadで使用できるチェックインアプリを使用しています。

アプリ自体もシンプルで操作性が高く、直感でストレスなく操作することができます。

日本語以外にも、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)の5言語に対応しています。

海外在住の場合には、パスポート写真を撮影し、予約に自動で保存されるため容易にチェックインできます。

さらに、RemoteLockサービスと連携することにより、さらなるチェックインオペレーションの簡略化が図れます。

人員が少ない施設でも手間のかかるチェックイン業務をスムーズに行えるシステムです。

参考:innto公式サイト

 

 


まとめPMS


今回は「宿泊業の運営に必須のホテル管理システム(PMS)比較7選!」という内容で宿泊管理システム(PMS)について書いてきました!

私の独断の判断になってしまいますが以下に今回紹介したPMSをまとめてみました!

 

大型ホテル 小・中規模ホテル ホステル・CH 操作性 カスタマイズ性 サポート力
NEHOPS
GLOVIA
WinCall ×
TAP ×
OPERA Cloud Service ×
はなぶさCloud ×
innto × ×

 

やはり施設の規模によってシステムの重点が変わってくると感じました。

上記の指標以外にもそれぞれのPMSには独自の強みが存在するので、気になるPMSは公式のサイトをチェックしてみてください!

また、今回紹介させていただいた7社以外にもたくさんのPMSが存在しています。

PMSを導入することにより顧客の情報管理やフロント業務の効率化を図ることができ、今まで浪費していた費用や人員を有効活用することが可能です。

自身の施設の規模や客層、使用用途に合ったシステムを探してみましょう。

この記事がPMS選びの手助けになれば幸いです。ご覧になっていただきありがとうございました。

 

Share

Close Bitnami banner
Bitnami