ブログ

2021.02.01

宿泊療養とは?実態と現状を調べてみた!

  • ブログ
宿泊療養とは?実態と現状を調べてみた!

日本国内で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID‑19)ですが、日に日に感染者数は増え東京では約1万人にのぼります。

新型コロナウイルス感染症の方々のうち、入院治療が必要のない軽症者や無症状者の方は、大切な家族や友人等に感染させないよう、また、症状が急変した時にも適時適切に対応できるよう、各都道府県が用意した施設での宿泊療養が促されています。

そんな宿泊療養の現状はどうなっているのか紹介していきます。

 

宿泊療養とは?

コロナ 宿泊療養

宿泊療養とは、新型コロナウイルスに感染した方で、入院治療が必要のない軽症者や無症状者の方に限り、感染拡大を防ぐため都道府県が用意した施設で宿泊しながら療養するというものです。

宿泊時は、施設内に看護師が常駐し毎日の健康観察を行い、随時相談が受けられる体制が整備されています。

宿泊中に症状が悪化した場合は、必要に応じて医療機関を受診・入院が可能です。

宿泊療養には、A、Bの2つの場合があります。部類分けとしては以下の通りです。

A 入院中の方が当該医療機関から宿泊療養に移行する場合(医療機関 → 宿泊施設)

B 外来で診断を受けた方が自宅から宿泊療養に移行する場合(自宅 → 宿泊施設)

また、ペットを飼育している方のためにも、ペット同伴で宿泊療養できる施設も存在します。ペットは居室内で適切に飼育できる犬・猫・ウサギ・ハムスターに限られます。

 

宿泊療養の対象者は?

コロナ 宿泊療養

宿泊療養は以下の基準を満たし、施設での療養に同意した方が対象となります。

条件は、以下の全てに該当する方であること。

  • PCR検査又は抗原検査で新型コロナウイルスに感染していることが判明した方
  • 無症状病原体保有者(症状はないが検査による陰性確認がされていない者)又は軽症であって、症状や検査所見等を踏まえ入院治療を要しないと医師が総合的に判断した方
  • 周囲に感染を広げないための留意点を遵守することが可能な方
  • 以下のいずれにも該当しない方
  • 高齢者(満65才以上)
  • 基礎疾患がある方(糖尿病、心疾患又は呼吸器疾患を有する方、透析加療中の方等)※ 定期的に処方される薬剤の内服により症状が安定している場合を除く(内服薬は、あらかじめ一定期間分を処方されていること)。
  • 免疫抑制状態にある方(免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方)
  • 妊娠している方
  • アレルギー除去対応が必要である方
  • 文書及び会話において、日本語によるコミュニケーションが困難である方

 

宿泊施設での療養生活について

コロナ 宿泊療養 ホテル

入所について

  • 保健所からの入所決定の連絡は、入所日の前日の夕方以降になります。
  • 自宅から宿泊療養施設への移動手段は都が手配する専用の搬送車に限ります(徒歩、自家用車等での移動不可。なお、搬送車は相乗りとなる場合あり)。
  • 搬送車のお迎え時間は当日午前中に保健所から連絡します。搬送車が指定のお迎え場所に到着したら、ドライバーからご本人に連絡が入ります。
  • 自宅から宿泊療養施設まで、買い物等に立ち寄ることはできません。
  • 乗車時刻は入所当日午後で、時間の指定はできません。

退所について

  • 医師による診察は行いません。
  • 陰性確認のPCR検査等は実施していません。
  • 退所予定日は、発症日から10日間経過し、かつ症状軽快後72時間経過した日となります。
  • 8月1日に発症し、8月8日までに症状軽快と確認された場合、退所日は8月11日になります。
  • 解熱剤を使用して平熱になっている場合は、軽快したとはみなされません。
  • 8月1日に発症し、8月9日に症状軽快と確認された場合、退所日は8月12日になります。
  • 医師の判断により、退所予定日が延期になる場合があります。
  • 期間満了による退所の場合の移動手段は、公共交通機関等を利用することなります(帰宅のための交通費を持参してください。)

持ち物について

  • 入所後は、退所まで外出することができません。必要なものは入所の際に持参してください。
  • 保険証、体温計、バスタオル、タオル類、ナイトウェア等をお持ちください。
  • 服用している薬は、入所期間に必要な量を余裕を持って用意してください。
  • ホテル内で洗濯はできないため、入所期間に必要な枚数を用意してください。
  • ホテル内の自動販売機はご利用いただけません。
  • 酒類・たばこ、刃物等危険物のほか、ビン・缶などホテルで処分できないものの持ち込みは禁止です。

差し入れについて

  • 家族や知人等が直接持参する場合に限り、差し入れが可能です(宅配便不可)。
  • 差し入れの差出人と中身を事務局が確認しますのでご了承ください。
  • 差し入れの授受は、前日までに事務局に申し出ることが必要です。
  • 差し入れは、常温OKのものに限ります。
  • 酒類・たばこ、刃物等危険物のほか、ビン・缶などホテルで処分できないものは受付できません。
  • ネットショッピングやデリバリーによる差入れは禁止です。

食事について

  • 1日3回、食事と飲み物が提供されます。
  • 食事は全員同じものが提供され、アレルギーや宗教上の理由等による個別対応はできかねます。

健康管理について

  • 毎日の検温等、健康管理スタッフの指示に従って実施してください。
  • 宿泊施設では、治療や薬の処方は行いません。
  • 症状が悪化した場合には、宿泊施設の健康管理スタッフの判断により、医療機関搬送になる場合があります。

療養期間中のルールについて

  • ホテルからの外出は厳禁です。
  • 食事の受取り以外は部屋で過ごしていただきます。
  • 施設内での喫煙・飲酒は厳禁です。
  • 写真撮影など、他の療養者のプライバシーの保護に抵触する行為を行わないでください。
  • 施設内での他の療養者との会話は控えてください。

宿泊療養証明書

  • 宿泊療養を終了された方で、ご希望の方には、宿泊療養証明書を発行します。詳細については退所時に宿泊先事務局よりご案内します。

やさしい日本語(にほんご)による案内(あんない)

  • 漢字(かんじ)や、むずかしい言葉(ことば)をよむことがむずかしい人(ひと)のための案内(あんない)です。

その他

  • 保健所より、実際に入所する施設名の連絡を受けたら、施設別のチェックリスト等にも目を通しておいてください。

 

詳細は、以下の「東京都における宿泊療養施設の運営について」を参考にしてください

東京都における宿泊療養施設の運営について

 

 

持参した方がいいものは?

コロナ 宿泊療養 ホテル

 

 

宿泊療養の現状

コロナ 宿泊療養 ホテル

これまでは新型コロナと診断されたら原則入院となっていましたが、2020年10月14日に運用見直しが行われ、無症状・軽症の新型コロナ患者は入院勧告・措置の対象ではなくなりました。

現在、入院勧告・措置の対象となるのは、

  • 高齢者、呼吸器疾患等の基礎疾患があるなど重症化リスクのある者
  • 症状等を総合的に勘案して医師が入院させる必要があると認める者
  •  都道府県知事が入院させる必要があると認める者

等に該当する方です。

入院とならなかった場合は、宿泊療養、自宅療養のいずれかとなります。

ただし、東京都など新型コロナの感染者が急増している地域では、本来はただちに入院することが望ましい方でも入院先が確保できず自宅療養を余儀なくされている方が多くいらっしゃいます。

報道では、2021年1月16日時点で全国の自宅療養者は3万人を超えているとのことです。

東京都の小池知事は2020年1月14日午後、都内の区長や市長らとテレビ会議を行い、新型コロナウイルスの対策や課題について意見を交わしました

現在、自治体側から感染が確認された人の入院先が、すぐに見つからないケースが出ていることから、ホテルなどの宿泊療養施設を増やすよう求める意見が出ました。

意見交換の中で、江東区の山崎孝明区長は「入院がなかなかできない状況になっていて、入院できなければホテルで療養するような方策を徹底的にやってほしい。せめてホテルの借り上げを何倍かに増やせないか」と述べて、軽症や無症状の人に療養してもらうための宿泊療養施設を増やすことを求めました。

しかし、宿泊療養が難しい理由は部屋数の問題だけではありません。

実は、新型コロナウイルスの軽症者などが療養する宿泊施設について、確保している部屋数のうち3分の2以上が使われていない状況です。

例として埼玉県を取り上げると現状として、宿泊療養施設をあわせて8施設967室を確保していますが、実際に施設で療養している患者は289人にとどまり、全体の部屋数の3分の2以上が活用できていません。

県内の宿泊療養施設の稼働率としては29.8%で、これは近隣の都県も同じような状況です。

稼働率が低い理由の1つとして挙げられるのが、清掃や消毒などに時間がかかることです。

これまで1フロアすべてが空き部屋となってから業者を呼び、消毒と清掃を行っていたいたためどうしても時間がかかってしまいました。

そのため清掃業者を特定の曜日に常駐させたりするよう方針を変えるなどして、作業の効率化を図っています。

一方、県関係者によりますと専門家会議のなかで、委員から「新型コロナウイルスを扱う病院でも清掃を行うのは看護士で、業者を入れた消毒はしていない」「不要な消毒をなくして稼働率をあげるべき」と指摘する声が複数回、上がったそうです。

こうした意見について、県は「消毒作業をなくすことで清掃業者が感染しないかと不安になる可能性もある。消毒は引き続き、行いたい」としたうえで、知見がもう少し増えれば対応の変更を検討したいとコメントしています。

県内では、本来は入院や宿泊療養が必要なおよそ1100人がホテルなどに入れず、自宅療養を余儀なくしているのが現状です。

 

まとめ

コロナ 宿泊療養 ホテル

感染拡大を防ぐ手段として有効な宿泊療養ですが、現在様々な問題を抱えています。

部屋数はあるが消毒作業が追い付いていないなど、感染してしまったとしてもすぐに宿泊療養を受けられるわけではないようです。

また、宿泊療養する場合は外に出ることはできなくなります。いつ感染するかわからないため日ごろから最低限の準備は必要だと感じました。

万が一感染してしまった方はすぐに保健所の判断に従い、感染拡大を抑える行動を意識しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

参考記事

新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について

Share

Close Bitnami banner
Bitnami