ブログ

2021.05.06

今こそ行きたい!グランピングって何?

  • ブログ
今こそ行きたい!グランピングって何?

今月25日、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象にした緊急事態宣言が政府より発令されました。「ゴールデンウィークに出掛ける予定だったのにキャンセルになり残念」と肩を落とされている方も多いのではないでしょうか?しかしながら、宣言が解除されたらどこに遊びに出掛けようかと考える時間も心躍りますよね。

今回のブログではそんなお出掛け先として、緊急事態宣言解除後におすすめのグランピングについて紹介します!

 

 

–いま流行りのグラピングって?–

コロナ渦ということもあり、少人数であっても屋内で集まるのははばかられる状況ですが、その中でもキャンプなどのアウトドアは屋外の自然に囲まれた状況で楽しめることもあって、男女世代を問わず人気を博しています。

 

「キャンプはしたことがないし手間がかかりそう…」「キャンプって虫がたくさんいそうで嫌だな」そんな方でも気軽にアウトドアを楽しめる手段の一つがグランピングなんです。

 

グランピングとは“グラマラス(魅力的な、豪華な)”と“キャンピング”を組み合わせた新しいキャンプスタイル。2021年現在、日本各地にグランピング施設が整備され、現在でも、特に週末は数ヶ月先の予約しか取れないほどの人気です。

 

昼間も楽しめることはもちろん、夜になって暗闇の中テントの光で照らされる光景はインスタ映えすること間違いなし!

 

 

手ぶらでOK!準備不要なのにおしゃれに楽しめる!?

キャンプと聞くと皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

 

大きなテントを車に積み、そのほかにも寝袋や食材、バーベキューセットを用意し、現地に着いたらセッティングをして、と手間が掛かるイメージを持つ方が多いかもしれません。

 

しかしグランピングはテントの持参や設置が不要でトイレやシャワールームの設備が完備している施設がほとんど!そのため、学生の皆さんなど交通手段として車を使うことのできない方でも公共交通機関を利用することで現地に赴くことが可能です。

 

その他にもオプションとしてその土地ならではの美味しい食材を購入することができたり、その食材を使って調理を楽しめたりするんです!

 

大自然の中で日頃の疲れをリセットしよう!

グランピングの醍醐味は、なんと言っても大自然の中でリラックスできるという、都会では感じることのできない非日常感です。

 

キャンプと同じく都会の喧騒を離れ、自然の中で友人や家族、恋人と贅沢なひとときを過ごすことができるにもかかわらず、快適な設備で、リゾート感覚で楽しめるのがグランピングの魅力です。

 

また、わんちゃんを連れて旅行に行きたい方にもピッタリ!ペットの同伴OKの施設も多くあります。自然の中でノーリードで遊ばせてあげることが可能ですので、愛犬と一緒に非日常を楽しむのもおすすめです。

金額について

次は気になるグランピングの価格について紹介します。

 

グランピングの価格は利用する施設の設備の充実度、アクティビティの有無、食事が含まれているか、など条件によって様々で、相場は一泊2万から5万円と言われており、キャンプと比べると割高に感じるかもしれません。

 

しかし金額に応じて、高級ホテルのようなラグジュアリーな空間、普段体験することができないようなアクティビティ、滞在をより豊かなものにするサービスなどを受けることができます。

 

キャンプは初期費用がかさむので、アウトドア初心者の方が非日常を体験しようと思った場合、宿泊費に含まれているサービスなどを考慮すると高すぎるということはないのではないでしょうか。

 

 

–2021年に開業したばかりのグランピング施設3選–

今回のブログでは2021年に開業したばかりのグランピング施設を紹介します!

 

出来たばかりの新しい施設でゆったりとした時間を過ごすのは魅力的ですよね。

 

▶︎エバーグレイス琵琶湖(滋賀県)

関西でおすすめのグランピング施設の1つ目は、2021年4月20日にオープンしたばかりの「エバーグレイス琵琶湖」。株式会社エバーグレイスが運営しており、琵琶湖や比良山の自然を生かしたグランピング施設となっています。美しいビーチがある近江舞子に位置し、京都には電車で約30分で移動できるなど交通アクセスもバッチリ!

 

グランピング体験に必要なものが全て含まれたオプションを約5000円で追加することができ、寝具やアメニティも持参する必要がなくなります。

 

その他、琵琶湖沿いに建てられた部屋もあり、そこでは屋外に設置されているカヌーで冒険に出ることもできるんです!

友人同士で行くのはもちろん、小さなお子様がいるご家族での旅行先にもおすすめです!

 

エバーグレイス琵琶湖の公式ホームページはこちら

エバーグレイス琵琶湖 公式HPより引用

 

▶︎GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空(兵庫県)

次に紹介するのも関西のグランピング施設『GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空』。こちらは、神戸市唯一のグランピング施設で、2021年3月20日に新ドーム3棟がオープン。施設自体も2020年8月オープンと、比較的新しいグランピングスポットとなっており、神戸・三宮から約20分とアクセスも良好です。

 

新設されたドームは、山側の眺めが綺麗な場所に位置しており、夕陽の景観やマウンテンビューを一望できます。また、施設内には露天風呂が併設されているので、体の疲れを癒しながらゆったりと心地の良い時間を過ごせるでしょう。

 

女性の皆様に朗報なのが、GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空では、大人女性1名につき1セットのアメニティを無料配布しているんです。内容物は、100%ナチュラルでオーガニックなウェルネスライフスタイルブランド「PANPURI(パンピューリ)」THAI JASMINE & MINTシリーズのシャンプー、コンディショナー、ボディーウォッシュ、ボディーローションの4点セット!宿泊施設据え置きのシャンプーは不安、という方も安心ですね。

 

 ぜひ神戸の地で、大自然を照らす夕陽や神戸の夜景を大切な方と楽しんでみませんか?

 

GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空の公式HPはこちら

GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空 公式HPより引用

▶︎ MT. FUJI SATOYAMA VACATION(静岡県)

こちらは、富士山西麓の田園風景に囲まれた静岡県のグランピング施設『MT. FUJI SATOYAMA VACATION』。2021年3月22日にオープンした施設で、ダイナミックな富士山を臨みながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

同施設は、最近テレビでもよく取り上げられているSDGsの考えをベースに作られており「和み」「人の和」「日本の和」をテーマとしたエコツアーを体験することも!

 

SDGsの名の通り「持続可能な観光」をテーマとしながらも、高級感、プライベート感の溢れる素敵な施設となっています。

 

他のグランピング施設と異なるのは、1組限定の宿泊で、ここにはダイナミックな富士山を愛でながら、里の自然に囲まれながらゆったりとしたプライベートな時間を過ごしてほしいという思いが込められているそう。

 

大自然の中リラックスをするのはもちろん、MT. FUJI SATOYAMA VACATIONが掲げるテーマの下ならではの新しい気づきを得て、未知なる体験をすることができるのではないでしょうか?

 

MT. FUJI SATOYAMA VACATIONの公式HPはこちら

MT. FUJI SATOYAMA VACATIONの公式Instagramはこちら

FUJI SATOYAMA VACATION 公式Instagramより引用

 

 

–まとめ–

本ブログではグランピングの魅力や、2021年にオープンしたばかりの施設を紹介しました。今回紹介した他にも、個性あふれる魅力的なグランピング施設が多く展開されています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大の状況に鑑み、自粛が要請されるなど、息苦しい毎日が続いていますが、これを機に大切な方との時間を過ごすのにぴったりなグランピング施設を探して非日常感たっぷりの空間に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました!また次の記事でお会いしましょう!

Share

Close Bitnami banner
Bitnami